ビットコインのビジネス利用

ビットコインは、とても安全で低コストな決済手段です。

Icon

手数料を自分で選択

ビットコインを受け取るために手数料は必要ありません。また、多くのウォレットでは、支払いの際に手数料の調整が可能です。殆どのウォレットでは手数料が適切に設定されていますが、手数料を高くするとトランザクションの承認を早める事ができます。手数料は送信されるビットコインの多さとは無関係であり、1ビットコインを送信するのと同じ手数料で、10万ビットコインを送信する事ができます。

Icon

詐欺防止

クレジットカードやPayPal決済に対応する商取引では、後に決済が覆される問題がありえます。支払い取消詐欺は、市場アクセスの限定化と価格上昇に繋がり、顧客不利益となります。ビットコイン決済は、取り消し不可能であり安全です。つまり、不正によるコストを店舗側が負担する必要がないという事です。

Icon

高速国際決済

国境を越えてビットコインを送信する事は、通りを跨いで送信するのと同じくらい簡単です。銀行の様に3営業日待つ必要性や、国際送金のために追加手数料を支払う必要性はなく、送金可能な最小額や最大額も限定されていません。

Icon

PCIコンプライアンスが不要

オンラインでクレジットカードを受け付けるには、PCI規準に沿うために広範なセキュリティチェックが要求されます。ビットコインを利用する場合でも、自分のウォレットを守る事や支払を要求する事は必要です。しかし、顧客のクレジットカード番号等の機密情報処理に伴う、費用や責任を負う必要は無くなるのです。

Icon

無料でビジネスの認知度を向上

ビットコインは新興市場であり、その保有者は使い道を探しています。つまり、ビットコイン支払いの導入は、新規顧客を獲得し、ビジネスの認知度を高める上で良い方法となります。新しい決済手段の導入がオンラインビジネスにおいて賢い選択だという事は、これまでの事例で示されています。

Icon

マルチシグ

ビットコインには、グループの一部の人々がトランザクションの承認をした場合のみビットコインを使用できる、マルチシグ機能も含まれています。この機能は、他のメンバーからの十分な承認を得ずにメンバーの誰かが支出する事を防いだり、それぞれの支払いをどのメンバーが承認したか記録するために、役員会等で使用する事ができます。

Icon

会計の透明性

多くの組織では、その活動についての会計書類を作成する必要があります。ビットコインを利用すれば、ブロックチェーンを通して残高やトランザクションを確認する事が可能なため、最高レベルの透明性を実現する事ができます。例えば、非営利団体等は、寄付金をどのくらい集めたかを公開できます。